声優の専門学校で学べる3つのことを詳しく解説

声優として必要な発声法や演技指導など

声優になるためには、特別な発声法や呼吸法を学ぶ必要があります。専門学校では、授業科目の中にこれらの科目があり、基礎から専門的に学ぶことができるようになっています。声優を目指す人の多くが専門的な授業は初めてなので、未経験でもとまどうことなく授業に入ることができます。また、声の授業だけでなく演技指導や歌のレッスンがある専門学校もあります。

更に、技術的なことだけでなく、声優の歴史など座学も重要な科目です。歴史や成り立ちをしることで、より仕事に対する理解を深めることができるでしょう。

仲間と共に夢に向かうことの大切さ

声優は、簡単に誰でもなれる仕事ではありません。専門学校に通ったとしても、声優として本当に活躍できる人はほんの一握りと言えるでしょう。ですが、同じ夢をもつ仲間と過ごす学校生活はとても刺激的なものです。お互いに切磋琢磨して声優を目指すことで、仲間と協力することの大切さや助け合うことの尊さを学ぶことができます。たとえ、全員が声優の夢を叶えなくても専門学校時代の仲間は人生のかけがえのない宝になるでしょう。

現場に出た時の社会人としてのマナー

声優の専門学校では、プロになることを前提の授業が行われます。そのため、学生気分の授業だけではなくより実践に近い授業が多く行われています。プロになるためには、社会人としてのマナーが重要になります。プロの声優として仕事を受けていくためには、技術があるだけではいけません。目上の人に対する礼儀や職場でのマナーについても学ぶことができる専門学校が多いです。

声優になるためには、声だけではなく演技力や表現力も必要とされます。声優として必要な専門技術を養成してくれるのが、声優の専門学校です