iDeCo(イデコ)でいいでしょ!老後資金をためよう

そもそもiDeCo(イデコ)って?

iDeCo(イデコ)とは、「個人型確定拠出年金」の愛称です。わかりやすく言うと、自分で自分の年金制度を作るシステムのことです。 加入した人が毎月ごとに、一定金額を積み立てていき、プランとして用意された定期預金、保険、投資信託といった金融商品を自ら運用していきます。そして、60歳以降に年金や一時金を受け取る仕組みとなっています。

どんな人が加入できるの?

基本的には、20歳以上60歳以内であれば、収入がある人は加入することができます。しかし、職業や加入している企業年金の種類により、月ごとに積み立てることができる金額が変わってきます。

税控除がとってもおトク?

このiDeCoは、なんといっても税額控除が非常に便利な制度です。 この制度の掛け金は、全額が課税所得から控除されることが認められています。つまり、掛け金としての年金を積み上げていきながらも、今の税金も安くなるといったメリットがあります。 さらに、運用している最中でも、分配金といった運用利益が非課税となっています。本来であれば税金として引かれるものであっても、こちらに戻ってくることになります。 また、60歳以降になって、積み立てた資金を受け取るときには、年金か一時金として受け取ることができます。年金としては公的年金控除として、一時金としては退職所得控除として、税額控除の制度があります。

税制優遇を活用して、快適な老後を?

iDeCoでは、積立金額が確定していることにより、以前の安定的な個人年金と比較して、状況の変化に対応しやすいというメリットがあります。どちらにも様々な違いがありますが、今後のライフプランをしっかりと練ったうえで計画を立てることが望ましいことです。この違いを理解して、快適な老後ライフを楽しみましょう。

イデコには、20歳以上60歳未満で国民年金保険料を払っている人なら、ほぼ全員加入できます。農業者年金に加入すると、対象者から外れてしまいます。