通信制高校で高校卒業資格を取り、大学へ進もう

通信制高校ってどんな学校?

通信制高校は全日制や定時制とは異なり大半が自宅での学習となります。スクーリングという登校日に授業を受けますが、通常は自分でレポートを提出し、テストを受けることで単位を取得します。スクーリングは、自宅学習で分からないところや疑問に思う事などを先生に質問するなど、直接指導を受ける機会です。学校によって異なりますが月二回程度が主流のようです。卒業するには三年以上の在籍期間と七十四単位の取得、更にホームルームや体育祭、修学旅行などの特別活動三十単位の取得が必要になります。無事卒業の暁には当然高校卒業資格が与えられます。大学受験資格を得たのです。現在通信制高校では様々な人が学んでいます。高校を中退した人、働いている人、不登校で悩む生徒等々です。このような人々が学業を続ける方法としても有効な手段と言えます。ただ気を付けなければならないのは、通信制高校は基本が自学自習であり、強い決意と目的意識がないと挫折しやすいという事です。その点に自信がない時はサポート校の助けを借りるのも一考かと思います。

通信制高校のメリットとデメリット

通信制高校の最大のメリットは学費がとても安い事ではないでしょうか。特に公立の通信制高校は私立の通信制高校に比べ学費は数分の一です。いわんや全日制のそれとは比べるべくも有りません。もし本当にサポート校の支援なしに卒業まで出来るのであれば、こんな大きなメリットは有りません。又登校日が少ないので終始自分のペースで勉強に取り組めるのも魅力です。デメリットとしては自学自習が基本なので、どうしても途中で挫折する危険性がぬぐい切れないという点です。その場合はサポート校の利用もやむを得ないものと考えます。

通信制高校を埼玉から利用する場合、神奈川に山口に本校を構える全日型通信制高校の学習センターがあります。オンリーワンの生徒を育てることを教育理念としています。